HOMEスキンケアクリーム・オイルシミへの効果は?市販おすすめハイドロキノンクリーム&美容液15選

シミへの効果は?市販おすすめハイドロキノンクリーム&美容液15選

ハイドロキノン

クリニックのシミ治療で処方されることの多い「ハイドロキノン」。今では市販で買えるクリームや美容液でも、ハイドロキノンを試すことができます。

今回、ハイドロキノンの利用実態を探るべく、220人にアンケート調査を実施!市販・通販で買えるおすすめハイドロキノンクリーム・美容液15選も合わせて紹介します。

Fumi.S
コスメライター
Fumi.S
個人事業主として執筆、編集、美容家として複数のメディアで活動中。
保有資格:化粧品成分上級スペシャリストコスメコンシェルジュ®ナチュラルビューティースタイリストAJESTHE美肌エキスパート®

アラサー/乾燥肌/血行不良
セルフ美容(スキンケア/メイク/ボディケア)が好き

2016年より、ビジネス関連や美容関連のライターとして活動開始。

ハイドロキノンとは?

ハイドロキノンとは?

ハイドロキノンとは、イチゴ・コーヒー・紅茶類などに含まれる天然の成分です。

シミのもととなるメラニンを作る酵素「チロシナーゼ」の働きをブロックしてメラニン色素の生成を抑制する働きがあります。

現在では美白有効成分としての承認はありませんが、一般化粧品に含有されるだけでなく、美容皮膚科やクリニックで処方されることも多いです。

日本では2001年まで医師の管理下でないと使用できない成分でしたが、2001年より一般化粧品に使用することが可能になりました。

現在では整肌成分として、クリームを中心に多くのスキンケアに配合されています。

アンプルール ラグジュアリーホワイト1500円

【220人に聞いた】ハイドロキノンの利用実態調査!

トラコス編集部では、ハイドロキノンを実際に使ったことある220人にアンケート調査を行いました。

まずは、満足度を見ていきましょう。

ハイドロキノン満足度

①まあまあ満足 ……………………… 49.1.%
②不満・イマイチ …………………… 34.1%
③満足 ………………………………… 16.8%

ハイドロキノンを使用して「まあまあ満足した」(49.1%)と「満足した」(16.8%)を合わせると、7割近くの方が満足したということが分かります。

一方「不安・イマイチ」(34.1%)と回答した方も、34パーセントと少なくないのが実情のようです。

それでも全体的に満足度は高いようなので、まずは市販で買える3,000円以下のプチプラハイドロキノンから試してみると良さそうですね。

期間は?ハイドロキノンは1~3ヶ月の使用で満足した人が多い!

ハイドロキノン満足期間ハイドロキノンはどのくらい使えば良いのか、気になるところですね。みなさんがどのくらいの期間で満足できたのか、アンケートで伺った結果がこちらになります。

【使用期間】
1ヶ月〜2ヶ月 ……………………… 21.4%

2ヶ月〜3ヶ月 ……………………… 18.9%
1ヶ月以内    ……………………… 15.0%

満足したと回答した方のなかで一番多かったのは「1ヶ月~2ヶ月」(21.4%)でした。

続いて「2ヶ月~3ヶ月」(18.9%)「~1ヶ月」(15.0%)と、ちょうど肌のターンオーバー周期4週間~6週間で満足される方が多いようですね!

ハイドロキノンを使用して肌に異常がない人は、3ヶ月は継続使用することをおすすめします。

ハイドロキノンと相性が悪いシミの種類

ハイドロキノンと相性が悪いシミの種類

クリニックのシミ治療でもよく処方されるハイドロキノンですが、主に紫外線による紫外線が原因の老人性色素斑や、ニキビや炎症による炎症性色素沈着、女性特有の両頬のシミ肝斑に使用されます。

基本的に皮膚の一番外側である表皮のシミ治療に使用され、皮膚の深く、真皮にあるシミにはレーザー治療が必要となります。

また、遺伝性のそばかすや、茶あざ(扁平母斑)などは相性が悪いです。

市販で買える!おすすめハイドロキノンクリーム・美容液15選

市販や通販で買える、ハイドロキノンクリーム・美容液を15選紹介します。

ハイドロキノンの予算を伺った際、3,000円以下の予算で購入したいという方が5割以上だったので、1,000円~3,000円のプチプラ商品も多数集めました。

ブランド 内容量 価格(税込)
アンプルールアンプルール 1週間分 1,500円※トライアルセット
 ビーグレン 1週間分 1,100円※トライアルセット
ランテルノ ハイドロキノン5%配合 ホワイトHQクリームランテルノ 10g 2,990円
ハイドロキノン-1+デルタ-トコフェロール-2配合クリームディーアールエックス® 6g 2,200円
旭研究所 皮膚科用 ハイドロキノンクリーム 5%旭研究所 15g 2,260円
セルピュア ブライトニングクリスタルセルピュア 12g 4,950円
ホワイトラッシュ HQクリームホワイトラッシュ 15g 2,640円
プラスキレイ プラスナノHQプラスキレイ 5g 2,200円
KISO純ハイドロキノン8%キソ 20g 2,323円
VELUS HQ White Cream ハイドロキノン 純ハイドロキノン5.0%ベルス 15g 7,980円
HQレーザークリアエピステーム 5g 7,480円
デルミサ スキンフェイドクリームデルミサ 25g 1,980円
ホワイトHQクリームサンソリット 30g 7,700円
ドクターセレスキン キノンクリーム5%ドクターセレスキン 45g 13,200円
濃厚本舗 ホワイトクリーム濃厚本舗 30g 1,320円

①アンプルール ラグジュアリーホワイト トライアルキット

アンプルール ラグジュアリーホワイト トライアルキット
アンプルール ラグジュアリーホワイト トライアルキット
メーカー名
ハイサイド
ブランド
アンプルール
カテゴリ
トライアルセット
価格(税込)
1500円
容量
7日分

注目成分 ビサボロール、カンゾウ根エキス、ムラサキ根エキス
こんなお悩み肌におすすめ 肌の1点が気になる、乾燥肌
配合濃度 全顔 常温保存
×NG ○OK

気になる一点を寝ている間に集中ケアする、スポット集中ハイドロキノン美容液。

トライアルセットなら、美白※美容液や美白クリームを含めて1,500円で試せます。

※メラニン生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

アンプルール ラグジュアリーホワイト1500円

②ビーグレン ホワイトケアプログラム トライアルセット

ビーグレン スキンケアプログラム トライアルセット 1
ビーグレン スキンケアプログラム トライアルセット 1
メーカー名
ビバリーグレンラボラトリーズ
ブランド
ビーグレン
カテゴリ
トライアルセット
価格(税込)
1100円
容量
1週間分

注目成分 オリゴペプチド-34、ヘキシル3-グリセリルアスコルビン酸
こんなお悩み肌におすすめ 乾燥くすみ、ハリ不足
配合濃度 全顔 常温保存
2.0% ○OK ○OK

気になるシミだけでなく、顔全体や手の甲など紫外線を浴びやすいところ全てに使用できるハイドロキノンクリーム。トライアルセットなら1,100円で7日分お試しできます。

ビタミンC誘導体などの整肌成分や、ペプチドなどのハリケア成分も配合し、輝きを放つような澄んだ透明肌へ。

③ランテルノ White HQ Cream

ランテルノ White HQ Cream
ランテルノ White HQ Cream
メーカー名
Koloha
ブランド
ランテルノ
カテゴリ
クリーム・オイル
価格(税込)
2990円
容量
10g

注目成分 セラミドEOP、セラミドNG、セラミドNP、セラミドAP、水溶性コラーゲン、プラセンタエキス、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、パルミチン酸レチノール、リンゴ果実培養細胞エキス、ブドウ果実培養細胞エキス、アルガニアスピノサカルス培養エキス
こんなお悩み肌におすすめ 乾燥肌、ハリ不足
配合濃度 全顔 常温保存
5% ○OK 冷蔵保管推奨

純ハイドロキノンを5%高濃度で配合した、本格ハイドロキノンクリーム。

さらに、保湿成分ヒト型セラミドの複合や、整肌成分ビタミンC誘導体、ハリケア成分植物幹細胞エキスなど、肌に嬉しい成分を12種類も配合。

乾燥・ハリケアも叶います。

④ディーアールエックス® HQダブルブライトE

ディーアールエックス® HQダブルブライトE
ディーアールエックス® HQダブルブライトE
メーカー名
ロート製薬
ブランド
DRX
カテゴリ
クリーム・オイル
価格(税込)
2100円
容量
6g

注目成分 トコフェロール(ビタミンE)
こんなお悩み肌におすすめ 混合肌、脂性肌、敏感肌
配合濃度 全顔 常温保存
×NG ○OK

ロート製薬DRXによる、さらっとした使用感のハイドロキノンクリーム。朝晩、気になるところに使用します。

無香料・無着色・防腐剤フリーなので敏感肌にもおすすめ。

⑤旭研究所 皮膚科用 ハイドロキノンクリーム 5%

旭研究所 膚科用 ハイドロキノンクリーム 5%
旭研究所 膚科用 ハイドロキノンクリーム 5%
メーカー名
旭研究所
ブランド
旭研究所
カテゴリ
クリーム・オイル
価格(税込)
2486円
容量
15g

注目成分 3-O-エチルアスコルビン酸、パルミチン酸レチノール、アラントイン、グリチルリチン酸2K、スクワラン
こんなお悩み肌におすすめ 肌荒れ、敏感肌、脂性肌、乾燥肌、ハリ不足
配合濃度 全顔 常温保存
5% ×NG ○OK

ハイドロキノンをしっかり5%配合した、旭研究所の皮膚科用クリームです。市販の高濃度ハイドロキノンクリームを試したい方に◎

夜のお手入れの際、気になる箇所への集中ケアとして使ってください。

⑥セルピュア ブライトニングクリスタル

ドクターズコスメ セルピュア ブライトニングクリスタル
ドクターズコスメ セルピュア ブライトニングクリスタル
メーカー名
フロンティア
ブランド
セルピュア
カテゴリ
クリーム・オイル
価格(税込)
4950円
容量
12g

注目成分 ワセリン、サリチル酸、パルミチン酸レチノール、アスコルビルグルコシド、アルブチン、
こんなお悩み肌におすすめ 乾燥肌、毛穴、ハリ不足
配合濃度 全顔 常温保存
5% ×NG ○OK

気になる部分へのスポットケアにぴったりな、高濃度5%のハイドロキノンクリームです。

整肌成分を多く配合しているので、毛穴や乾燥が気になる方にもおすすめ。

⑦ホワイトラッシュ HQクリーム

ホワイトラッシュ HQクリーム
ホワイトラッシュ HQクリーム
メーカー名
アンドシーム
ブランド
ホワイトラッシュ
カテゴリ
クリーム・オイル
価格(税込)
2640円
容量
15g

注目成分 α-アルブチン、ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1、ヒト遺伝子組換ポリペプチド-11、リンゴ果実培養細胞エキス、リン酸アスコルビルMg、水溶性プロテオグリカン、ヒアルロン酸Na、サクシノイルアテロコラーゲン、ウワウルシ葉エキス
こんなお悩み肌におすすめ 乾燥肌、ハリ不足
配合濃度 全顔 常温保存
5% ×NG 冷蔵保管推奨

紫外線を浴びた夜のダメージケアにぴったりな、純ハイドロキノン5%配合クリーム。

肌に嬉しい保湿・ハリケア成分をたっぷり含んでいるので、エイジングケア※にもおすすめです。

※年齢に応じたお手入れ

⑧プラスキレイ ハイドロキノン4%配合美容ケアクリーム

プラスナノHQ ハイドロキノン4%
プラスナノHQ ハイドロキノン4%
メーカー名
キャピタルビューティージャパン
ブランド
プラスキレイ
カテゴリ
クリーム・オイル
価格(税込)
3300円
容量
5g

注目成分 セラミドNS、セラミドEOS、セラミドAP、セラミドEOP、セラミドNP
こんなお悩み肌におすすめ 乾燥肌、ハリ不足
配合濃度 全顔 常温保存
4% ×NG ○OK

濃度を下げていない純ハイドロキノンを4%も配合した、ハイドロキノンの成分をしっかりお試しできるクリーム。

注目の保湿成分ヒト型セラミドを複合しているので、肌がカサツキがちな方にも◎

⑨キソ 純ハイドロキノン8%配合クリーム

KISO 純ハイドロキノン8%
KISO 純ハイドロキノン8%
メーカー名
基礎化粧品研究所
ブランド
KISO
カテゴリ
クリーム・オイル
価格(税込)
2323円
容量
20g

注目成分 ヒト脂肪細胞順化培養液エキス、(バチルス/ベニコウジ菌)/(ナツメ果実/ダイズ)発酵液、α-アルブチン、ヒアルロン酸Na、プラセンタエキス、ツボクサエキス
こんなお悩み肌におすすめ 乾燥肌、ハリ不足
配合濃度 全顔 常温保存
8% ×NG 冷蔵保管

純ハイドロキノン8%と高濃度で、普通肌に推奨されているハイドロキノンクリームです。

ヒト脂肪細胞順化培養液エキスやシカ成分・ツボクサエキスを含む16種類の整肌成分配合。

⑩ベルス HQ White Cream

ベルス HQ White Cream
ベルス HQ White Cream
メーカー名
MEBIA
ブランド
VELUS
カテゴリ
クリーム・オイル
価格(税込)
7980円
容量
15g

注目成分 ヒアルロン酸Na、加水分解コラーゲン、アスコルビルリン酸Na、ツボクサエキス、セラミドNP、セラミドAP、セラミドEOP、ヒト脂肪細胞順化培養液エキス、ユビキノン
こんなお悩み肌におすすめ 乾燥肌、ハリ不足
配合濃度 全顔 常温保存
5% ×NG 冷蔵保管

純ハイドロキノンを5%も配合し、さらに「ヒト幹細胞培養液エキス」「ヒト型セラミド」「ツボクサエキス」など話題の成分を含む整肌・保湿成分を23種類も配合。

1日1回、就寝前のスペシャルケアに◎

⑪エピステーム HQレーザークリア

エピステーム HQレーザークリア
エピステーム HQレーザークリア
メーカー名
ロート製薬
ブランド
エピステーム
カテゴリ
クリーム・オイル
価格(税込)
7480円
容量
5g

注目成分 グリセリン、ツボクサエキス
こんなお悩み肌におすすめ 乾燥肌
配合濃度 全顔 常温保存
×NG ○OK

気になる部分にピタッと密着する、バーム状ハイドロキノン美容液です。

話題の保湿成分「ツボクサエキス」を含み、みずみずしく澄んだ透明肌へと導きます。

⑫デルミサ スキンフェイドクリーム

デルミサ スキンフェイドクリーム
デルミサ スキンフェイドクリーム
メーカー名
イザヴェル
ブランド
デルミサ
カテゴリ
クリーム・オイル
価格(税込)
1980円
容量
25g

注目成分 アスコルビン酸
こんなお悩み肌におすすめ 乾燥肌
配合濃度 全顔 常温保存
2% ○OK

1,980円のプチプラ価格で1ヶ月試せて、純ハイドロキノン2%配合と、ハイドロキノンを試すのにぴったりなクリームです。

2重構造のアルミチューブによって、酸化を防ぐ工夫もされています。

⑬サンソリット ホワイトHQクリーム

ホワイトHQクリーム
ホワイトHQクリーム
メーカー名
サンソリット
ブランド
サンソリット
カテゴリ
クリーム・オイル
価格(税込)
7700円
容量
30g

注目成分 乳酸桿菌/セイヨウナシ果汁発酵液、カンゾウ根エキス、アスコルビルエチル、フランスカイガンショウ樹皮エキス、チャ葉エキス、マグワ根皮エキス、ヨーグルト液
こんなお悩み肌におすすめ 乾燥肌、ハリ不足
配合濃度 全顔 常温保存
4% ○OK ○OK

顔全体に乳液や美容クリーム感覚で使用することができる、しっとりした使い心地のハイドロキノンクリームです。

植物由来の保湿成分をたっぷり配合し、みずみずしく艶やかなハリ肌へと整えてくれます。

⑭ドクターセレスキン キノンクリーム5%

ドクターセレスキン キノンクリーム5%
ドクターセレスキン キノンクリーム5%
メーカー名
仁川薬品
ブランド
ドクターセレスキン
カテゴリ
クリーム・オイル
価格(税込)
13200円
容量
45g

注目成分 グリセリン、ソルビトール
こんなお悩み肌におすすめ 乾燥肌
配合濃度 全顔 常温保存
5% ×NG ○OK

低刺激な安定型ハイドロキノン5%配合のハイドロキノンクリームです。

ハイドロキノンが初めてで、肌への赤みや刺激が気になる方が試すのにおすすめです。

⑮濃厚本舗 ホワイトクリーム

濃厚本舗 ホワイトクリーム
濃厚本舗 ホワイトクリーム
メーカー名
ジュネスクレール
ブランド
濃厚本舗
カテゴリ
クリーム・オイル
価格(税込)
1320円
容量
30g

注目成分 ヒアルロン酸Na
こんなお悩み肌におすすめ 乾燥肌
配合濃度 全顔 常温保存
2% ×NG ○OK

2%の程よい濃度に1,320円で買えるプチプラ価格と、ハイドロキノンを初めて試すのにぴったりなクリームです。

UVケアを行うことで朝晩使用できるので、3ヶ月以内の集中ケアに◎手や身体にも使用できます。

ハイドロキノンは肌刺激が強い?使用者に聞いてみた

ハイドロキノンは強力で刺激が強い、と聞いたことはありませんか?確かに、配合濃度によっては肌刺激が感じられることもある成分です。

実際に使っている方に、使用感について聞いてみました。

ハイドロキノン肌刺激

一番多かったのが「どちらとも言えない」(44.5%)でしたが、僅差で「肌に合った」(43.%)が続きました。市販の化粧品として販売されているものも、肌刺激を感じにくい工夫がされているようですね。

「肌に合わなかった」(12.3%)は少数派でしたが、どんなスキンケアでもすべての人に刺激が起きないという保証はありませんので、肌に合わないと感じたらすぐに使用を止めましょう。

ハイドロキノンを使用した口コミ・感想

ハイドロキノンを実際に使用した方の声として、以下のような口コミが見られました。

良い口コミ

肌なじみがよく、透明感が出たと思います。
・使用した感じは私的には合っていたと思う。
・シミ対策に購入しました。乾燥したりしみる場合があると口コミを見て心配でしたが敏感肌の私でも問題なく使用できました。
シミへの効果はいまいちわかりませんが、風呂上がりに塗って朝起きた時、肌の調子がかなりいいです。ツルツルとした触り心地でお気に入りです。
・使用感がよく、肌に少し透明感が出たような気がします。
・とてもすべすべになった。

悪い口コミ

・長期間使用をしていないため効果を感じられなかった。 シミが薄くなるのを期待していたけど、どこのメーカーのハイドロキノンが効果がでやすいのかわからない。
・ピリピリした感じはなかった。シミは取れない。
・自分の肌質には合わないなと感じた。
・数か月使用しましたが、あまり変化は感じられませんでした。

全体的に、良い口コミがかなり多かったです。しかし、なかには効果が感じられない、肌に合わなかったなどのネガティブな口コミも見られました。

市販ハイドロキノンクリームの選び方!濃度や種類に注目

市販ハイドロキノンクリームの選び方

市販品のハイドロキノンクリーム選びで抑えておきたい3つのポイントを紹介します。

①ハイドロキノンの配合濃度を見る
②配合されたハイドロキノンの種類に注意!
③市販品を買うか、病院で処方してもらう

市販クリームの選び方①配合濃度を見る

ハイドロキノンは濃度と効果が出るまでの時間に関係があります。

ただし、濃度が上がるほど刺激が強くなるので、自分の肌と相談して決めましょう。

ハイドロキノンの配合濃度と効果の現れ方

ハイドロキノンクリームを選ぶ際に注目するべきなのは、ハイドロキノンの「配合量(濃度)」です。

ハイドロキノンクリームは、実際に濃度によって効果の現れ方が違うようです。

濃度 1~3% 4~5% 6%~
効果の目安期間 1~3ヶ月 2週間~3ヶ月 2週間~3ヶ月
相性の良い肌質 敏感肌・初めてハイドロキノンを使う人 普通肌・ハイドロキノン治療の経験がある人 医師の指導に従う
シミの状態 比較的広範囲のくすみや薄いシミ 濃いシミ 医師の指導に従う
注意点 UV・保湿対策・白斑の副作用が起こる可能性がある

※濃度と期間の表:複数医師の回答を集計。

医療機関では4~5%程度の濃度がおすすめされており、それ以上濃度が高くなると、効果よりもお肌へ刺激など副作用のリスクが上がるといわれています。

特に、初めて使う方・お肌が弱い方は最初に1~2%程度の低い濃度からスタートし、刺激が強くないかどうかを確認しましょう。

ハイドロキノン化粧品の多くはトラブル防止のため2%程度までに抑えられています。実際に、アメリカのFDA(日本の厚生労働省のようなもの)の規制でも、2%以上の濃度は医師の監督下により処方されています。

「高濃度の方が効きそう!」と考えがちですが、 赤み・かぶれなど副作用のリスクが高いこと、 海外製品は日本で許可されていない成分を配合している可能性があること、 肌トラブルが生じた際の補償がないといった問題点も……。

副作用のリスクを避けるためにも、まずは国内で入手できる低濃度のクリームから始めるか、信頼できる皮膚科での処方から始めるのをおすすめします。

市販クリームの選び方②ハイドロキノンの種類に注目

ハイドロキノンは以下の2種類に分けられることがあります。

・純ハイドロキノン
・安定型ハイドロキノン

ハイドロキノンは壊れやすい成分のため、壊れにくくしたのが安定型ハイドロキノンですが、効果はマイルド。

また「ハイドロキノン誘導体」というものもありますが、こちらはアルブチンのことです。

純ハイドロキノンは薬事法の改正により、近年ではマツキヨやツルハなどのドラッグストアでも手に入るようになりました。

ハイドロキノンの種類

ハイドロキノンの種類

「純ハイドロキノン」と「安定型ハイドロキノン」では、ハイドロキノン濃度が大きく違う可能性がある
「純ハイドロキノン」と「ハイドロキノン誘導体」は別の成分

純ハイドロキノン

純ハイドロキノン

純粋なハイドロキノンのことを指します(純がついていない場合もあります)。

その名の通り純粋なハイドロキノンで、高い漂白効果を期待できる一方で、成分の安定性が低く・肌への刺激は強め。多くの場合、皮膚科などで医薬品として処方される場合に使われます。

敏感肌の人は特に注意して使用しましょう。

※「純ハイドロキノン」という呼び方は、「安定型ハイドロキノン」などと区別がつくように使われ始めた言葉であり、化学的な用語ではありません。

安定型ハイドロキノン

安定型ハイドロキノン

純ハイドロキノンに他の成分を混ぜたもので、図のように、ハイドロキノンを他の成分で包むイメージです。

純ハイドロキノンよりも安定性が高く、肌への刺激も抑えられます。

ただし、表記されている濃度(%)が「ハイドロキノン単体」ではなく「ハイドロキノン+安定化のための他の成分」である可能性があります。

その場合、純ハイドロキノンと同じ%表記でも、実はハイドロキノン濃度は低い…ということになります。純ハイドロキノンとの単純な濃度比較には要注意です。

ハイドロキノン比較

ハイドロキノン誘導体

ハイドロキノン誘導体

商品を選ぶ際に気をつけてほしいのが、この「ハイドロキノン誘導体」です。

「ハイドロキノン誘導体」という成分は純ハイドロキノン・安定型ハイドロキノンとは別の成分です。純ハイドロキノンのような皮膚刺激性もない一方、美白のメカニズム・効果もハイドロキノンとは異なります。

代表的なものには「α-アルブチン」という、アルブチンの一種があります。働きとしては、純ハイドロキノンよりもアルブチンに近いと言えます。

市販クリームの選び方③通販や市販品かクリニックでもらう

ハイドロキノンはドラッグストアだけでなく、クリニックなど医療機関でも取り扱いがあります。

みなさんどのように購入しているのか、アンケートで聞いてみました。

ハイドロキノンどこで買ったか

「通販」(45.0%)半割近くという結果に。続いて「クリニック」(30.5%)が3割、「ドラッグストアなどの店舗」(17.7%)は2割未満と少数派でした。

確かに、まだドラッグストアやバラエティショップだと、ハイドロキノンクリームは取扱いが少ない印象があります。

通販の方が種類が豊富で、希望の濃度やテクスチャーに合ったものから選べますね。

クリニックも意外と多い結果でした。クリニックだと医師に直接、自分のシミの状況を診てもらえたり、使い方について相談できますね。

ハイドロキノンの購入方法と価格

ハイドロキノンクリームはマツキヨやツルハなどのドラッグストアや、バラエティショップなど店頭での市販品のほか、Amazonなどの通販でも人気の商品です。

酸化しやすく、効果や刺激性が変わってしまうという成分特性があるため、安全面を最優先したい人は、皮膚科で医薬品を処方してもらうのがおすすめ。医師の診察のもと、症状や肌質に合わせて処方してもらえるので安心です。

基本的に濃度は4~5%程度、量は5gか10gほどで販売されています。ハイドロキノンを買う場合は保険適用はされず、自費での購入となります。

【参考】皮膚科処方のハイドロキノンクリーム・軟膏の価格

濃度 価格(5gあたり)
東京皮膚科・形成外科 ハイドロキノン軟膏5%
ハイドロキノン軟膏10%
2,000円(税抜)
3,000円(税抜)
広尾プライム皮膚科 ハイドロキノン軟膏5%
ハイドロキノン軟膏10%
4,600円(税抜)
東京イセアクリニック銀座院 ハイドロキノン軟膏5%
ハイドロキノン軟膏10%
5,000円(税抜)

(※2021年1月編集部調べ)

なお、ハイドロキノンはすべての皮膚科で購入できるわけではありません。取り扱いがない病院もあるほか、場合によっては診察初日ではなく、後日の購入になる場合もあるので気をつけましょう。

「ハイドロキノンクリームによって効果が出た!」と認識できるまでの期間は個人差が大きく、通常でも1~1.5ヶ月程度、早くても2週間と言われています。

また、皮膚の生え替わり期間(若い人で1.5ヶ月、中高年なら2~3ヶ月)を過ぎて長期間使用しても、実はシミを落とすなどの効果はあまり変わりません。

市販ハイドロキノンクリームの使い方

市販ハイドロキノンクリームの使い方

ハイドロキノンクリームは商品によって使用する頻度や部位が異なりますが、基本的な使い方は以下になります。

①クレンジングと洗顔を行う
②化粧水の後かスキンケアの最後、商品の使用方法に沿った順番で使用する
③シミが気になる箇所に馴染ませる
④外出する場合は、必ず日焼け止めを重ねる

ハイドロキノンクリームを塗ってから紫外線を浴びるとシミが濃くなる可能性があるため、夜のみ使用を推奨されている商品が多いです。

必ず各商品の使用方法を確認してから使用しましょう。

市販ハイドロキノンのシミやニキビ跡への効果は?

ハイドロキノンの効果について詳しく確認していきましょう。

ハイドロキノンクリームが市販品でも肌のシミを消せる理由

なぜ美白やシミ取りが可能? ハイドロキノンの作用2つ
1. メラノサイトの活性化抑制によってメラニン色素の産生を減少させる
2. メラニン還元作用を持つ

メラニン生成のメカニズムを確認しつつ、シミ取りに向けてハイドロキノンがどう働くのかを見ていきましょう。

①メラノサイトの活性化抑制によってメラニン色素の産生を減少させ

メラニン工場の産生効率を落とす!
1. シミのもとは無色透明なアミノ酸(チロシン)
2. 紫外線などの刺激でチロシンはメラニン色素になる
3. ハイドロキノンはチロシンのメラニン色素化を抑制

メラニンのもとは無色透明な「チロシン」というアミノ酸。チロシンをドーパ反応などの過程を経てメラニン色素に変化させるのが「メラノサイト」にある酸化酵素「チロシナーゼ」であり、このメラニンが堆積した茶色の箇所を「シミ」と呼んでいます。

メラニン自体はもともと皮膚全体に存在しますが、メラニンが新たに作られるきっかけは紫外線などの刺激です。

表皮のケラチノサイトが外部からの刺激を感知すると、ダメージから肌を守るためにメラノサイトに信号を出し、その細胞内に存在するメラソノーム(メラニンの合成を行う細胞小器官)を増加させます。そして、チロシナーゼを使ってメラニン色素を作らせるのです。

ハイドロキノンの働きは、このチロシナーゼの働きを抑制してくれることです。

つまり、メラノサイトの活性化を抑制する働きによってチロシンが黒色のメラニンに変化するのを防いでくれるというわけです。

②メラニン還元作用を持つ

酸化したメラニンをピカピカに還元!
1. シミはメラニンが酸化することで黒色化する
2. ハイドロキノンは酸化したメラニンを還元して色を薄くする

ハイドロキノンには、「還元作用」という特有の働きがあり、既にできてしまったシミを薄くする効果が期待できます。

酸化したメラニンを還元してくれる働きのこと。メラニンは、紫外線を浴びてチロシナーゼによって酸化し、黒色化します。

ハイドロキノンは、このように酸化してしまったメラニンを還元して、色を薄くしてくれるのです。

もともとハイドロキノンは、写真の現像に使う還元剤やゴムなどの酸化防止剤として使われる薬品でした。人間の皮膚への美白作用が発見されたのも、写真の現像を手掛ける職人の手が白くなったことがきっかけだったそうですよ。

他の美白成分より効果100倍!

ハイドロキノンの美白効果は、コウジ酸やアルブチンなどの成分の10倍~100倍とも!

他の成分に比べて低い濃度でチロシナーゼの働きを抑えられるという研究結果があります。

ハイドロキノン効果保比較図

*U/well:1つの極小試験管内でチロシナーゼがどれだけ働くかを表した単位

上のグラフは、メラニンを作り出す酵素・チロシナーゼの働きを抑えるのに、ハイドロキノンとアルブチン、コウジ酸、ビタミンCのそれぞれどのくらいの濃度が必要になるかを計測したものです。縦軸の数字が低いほど、チロシナーゼの働きが静かになります。

つまり、メラニンができにくくなるということを表しています。

たとえば、アルブチンの場合濃度が約1.000mM必要なときに、ハイドロキノンなら0.010mMで効果が出る、ということです。

赤みやかゆみがでたら?市販ハイドロキノンクリームの副作用

シミ取りには興味があるけれど、やはり気になるのがハイドロキノンの副作用。市販品のハイドロキノンクリームは本当に安全なのでしょうか?赤み、白斑など、ハイドロキノンの副作用として噂されている症状の真偽を解説します。

赤み

ハイドロキノンを塗って24時間以内に赤みが出た場合、濃度が高すぎるか、ハイドロキノン自体が肌に合わない可能性があります。

対処法

赤みが引かないときには、一旦使用を中止して医療機関に相談しましょう。医師の指示によって濃度を下げたり、副作用がおさまらない場合は使用を中止する必要があります。

かゆみ・炎症

肌に合わない、またはハイドロキノンの濃度が高すぎる場合などに、炎症が起こって肌が熱を持ってヒリヒリしたり、かゆみや吹き出物を生じたりすることもあります。

また、ハイドロキノンを塗った肌は敏感になるため、紫外線対策や保湿ケアを怠ると炎症が起こることもあります。

対処法

炎症が出た場合、ハイドロキノンの使用をやめて患部には触らないようにしましょう。

もし患部が熱を持っているときには、保冷剤などで患部を冷やすのもいいでしょう。炎症がシミや黒ずみにつながる「炎症後色素沈着」もあるので注意してください。

白斑

白斑(はくはん)とは、肌の色が抜けて白くなってしまう症状のことですが、一般的なハイドロキノンクリームで白斑が起こる可能性は低いと考えられます。

「ハイドロキノンモノベンジルエーテル」という物質が細胞毒性が強く白斑を起こすことがありますが、ハイドロキノンとハイドロキノンモノベンジルエーテルは全くの別物です。

対処法

濃度5%程度までの純ハイドロキノンは細胞であるメラノサイトを基本的に破壊しないとわかっており、日本におけるハイドロキノンクリームの使用による白斑の報告もほとんどありません。

今回ご紹介したようなハイドロキノンクリーム濃度5パーセント以下の市販品なら、基本的に白斑を起こす可能性は低く、安全であると言われています。

市販ハイドロキノンクリームの注意点

市販品のハイドロキノンクリームの使い方には、いくつか注意点があります。

皮膚刺激を抑えるためにも、またシミ取り効果をムダにしないためにも注意しておきましょう。

紫外線対策を必ずする

ハイドロキノンクリームを使用したら、日中は帽子をかぶる・日焼け止めを塗る・塗布部に絆創膏を貼るなどして紫外線を防ぎましょう。

もともとメラニンは、紫外線が肌の奥まで入ってこないようにバリアする働きを持っています。このメラニンができないようにしてしまうわけですから、肌の防御のために紫外線対策が必要なのです。

紫外線対策を怠ると、効果が出ない、ハイドロキノンクリームの使用前よりもシミ・日焼けが濃くなる、といった可能性があります

さらには、紫外線によるダメージが防げず炎症を起こしてしまう可能性もあるので要注意です。

劣化しないように保管・使い切る

ハイドロキノンは酸化しやすい成分です。酸化してしまうと別の成分になり、効果が薄まるうえに、皮膚刺激の原因にもなりえます。

そのため、ハイドロキノンクリームは以下の保管方法を心がけましょう。

・高温多湿を避け、涼しくて暗い場所に保管する。冷蔵庫もOK
・蓋はすぐに閉める
・開封後は早めに使い切る、または小さめサイズを買う

ハイドロキノンが古くなって酸化してしまうと、黄色の様な褐色を帯びた色になります。酸化物は皮膚刺激の原因にもなりえます。クリームに限らずハイドロキノン入りの化粧品は保管方法も使用期限も守って使用しましょう。

また、ハイドロキノンはとても変色しやすい成分。保管方法を守っていても多少変色がありますし、保管方法を間違えると変色が進みやすくなります。

変色の進んだハイドロキノンクリームは皮膚刺激の原因になりかねますので、なるべく使用しないようにしましょう。

こういった変色を抑える為に、純ハイドロキノンの安定性を高める工夫や、ビタミンCやビタミンEを一緒に配合することで変色を防ぐ工夫がされているのです。

皮膚刺激に注意する

純ハイドロキノンは強い美白成分です。いきなり5%、10%と濃度の高いクリームを使うのもあまりおすすめできません。お肌に合っているかどうか、1、2%程度のクリームから始めてみましょう。

トレチノインを併用する場合はより注意です。

トレチノインは肌の代謝を上げてシミが排出されやすくなりますので、皮膚科ではよくハイドロキノンと一緒に使われますが、皮膚刺激を感じる場合がありますので注意が必要です。

使用前にパッチテストをする

純ハイドロキノンを使う前には、必ずパッチテストを行いましょう。

ハイドロキノンクリームのパッチテストのやり方
①前腕または上腕の内側の皮膚に油性マーカーで目印をつける
②目印の内側にハイドロキノンを塗布する
③1~2分後に洗い流す
④上記①〜③を数日間繰り返し、肌の状態をチェックする

1.前腕または上腕の内側の皮膚にパッチテストを行っている部分がわかるように、落ちにくい油性マーカーなどのペンを用いて直径約2cmの印をつけます。洋服などが汚れないよう点で印をつけるとよいでしょう。

肌荒れなどを起こしていると正確な判断ができないため、トラブルのない皮膚を選んでください。

2.その印をした内側に、使用したいハイドロキノンクリームを塗布します。1日2回(朝と晩)スキンケアと同じタイミングで塗布しましょう。石鹸やシャンプーは水で100倍に薄めたものをつけて、1~2分後に洗い流してください

ハイドロキノンクリームは通常夜に1回使用しますから、パッチテストの場合も夜に1回塗布して下さい。

3.数日間使用後、ハイドロキノンクリームを塗布した部分に赤み・かゆみ・みずぶくれなどの反応がないか、肌状態をチェックします。

(出典:dプログラム

市販ハイドロキノンを乳首や脇、デリケートゾーンに使う場合は注意

脇やデリケートゾーン、乳首などは摩擦が多く、黒ずみが気になりますよね。

ハイドロキノンクリームは、美容皮膚科で乳首やデリケートゾーンの黒ずみ・色素沈着の治療に使用されることもあります。

ただしこうした部位は皮膚が薄く、刺激に弱いため、自己判断で使用する際は使い方に注意が必要です。

薬局やAmazonなどで購入した市販品のハイドロキノンクリームを使う場合、粘膜部分は避けて、赤みや刺激など少しでも異常を感じたら使用を中止しましょう。

市販で買える?ハイドロキノンはトレチノインと相性良し!

ハイドロキノンクリームのみであまり効果が感じられない場合は、『トレチノイン』と併用するのがおすすめです。

トレチノインは、アメリカのFDA(日本でいう厚生労働省のような公的機関)から、ニキビ・シミ・シワの治療医薬品として承認されている成分です。

トレチノインは医療用医薬品のため日本では医療機関のみで処方されます。ドラッグストアや通販サイトなどで市販されていません。

ハイドロキノンクリームの使用期限

ハイドロキノンは酸化しやすい商品なので、ハイドロキノン入りの化粧品は開封したら早めに使いきるようにしましょう。

開封後の使用期限は商品によって異なり、1~2ヶ月で使い切るように指示されているものから、6ヶ月以内のものまであります。

メーカーに使用期限を確認しながらも、変色や異臭を感じるようになったら使用を中止しましょう。

ハイドロキノンクリームで透明感ある肌へ!

市販や通販で買えるハイドロキノンクリームを15選お届けしました。

ハイドロキノンが気になる方は、低濃度のプチプラアイテムから、気軽に試してみてはいかがでしょうか?

 

以下参照「ハイドロキノン参考文献」
化粧品成分ガイド 第6版
化粧品成分用語事典2012
自分で調べて採点できる化粧品毒性判定事典
色素沈着治療剤中のヒドロキノンの安定性
Mechanism of inhibition of melanogenesis by hydroquinone
GALDERMA.TRI-LUMA™ Cream
日本病院薬剤師会.『病院薬局製剤 第6版』