TOPCBDCBDリキッドやCBDオイルの濃度や成分を徹底解説!違いによる効果は?
CBDの濃度や成分は?3

CBDリキッドやCBDオイルの濃度や成分を徹底解説!違いによる効果は?

CBDは健康と美容への効果が期待できるとして、注目されている成分です。

CBD製品の中では、CBDオイルやCBDリキッドなどが代表的なアイテムですが、実際にCBDはどれくらい含まれているのでしょうか。

この記事では、CBDアイテムに含まれるCBD濃度の違いや濃度による効果の違い、おすすめの使い方などを解説していきます。

CBDってどんな成分?大麻なの?

CBDは大麻草に含まれる「カンナビジオール」という化合物で、軽い鎮静作用があり睡眠や不安の改善に効果が期待できるとされています。

大麻草=危険な薬物、という印象を抱くかもしれませんが、幻覚をともなう強い精神作用があるのは大麻草の花や葉に含まれるTHCという化合物で、茎から採取されるCBDとは異なります

そのため、日本では大麻草の成熟した茎や種子から採取したCBDは、販売も使用も合法的に認められています

CBDは大麻草が持つ成分の1つ

CBDやTHCは、大麻草だけが独自に持つ「カンナビノイド」という化合物の一種です。

大麻草には100種類以上のカンナビノイドが含まれており、CBDの他にも香り成分の「テルペン」やレモンなどにも含まれる「リモネン」、黒コショウやバジル、クローブなどのスパイスにも含まれる「β-カリオフィレン」など、さまざまな成分が含まれています。

これらの香り成分にもリラックス効果があるとされていて、CBDとの相乗効果が期待できます。

THCだけが違法な「大麻」として規制されている成分

大麻草のカンナビノイドの中でも、精神作用を持つTHCは「大麻(マリファナ)」として規制されています。

THCは幻覚作用などの危険な精神作用を引き起こす物質です。主に大麻草の花や葉に含まれているため、日本では花と葉の使用も認められていません。

しかし、国によってはTHCを含む大麻草の成分を医療用大麻として認めていたり、嗜好用に使用を認めていたりする場合もあり、その扱いはさまざまです。

日本でも医療への活用を検討する動きもあり、2021年5月には大麻草の部位規制(花と葉の使用を禁止)を撤廃し、成分規制(THCの使用を禁止)に変更する方針を示しています。

参照:厚生労働省|大麻等の薬物対策のあり方検討会とりまとめ

CBD製品の見分け方ポイント!中には違法な成分やCBDが入ってない製品も

CBDの濃度や成分は?2

日本で販売されているCBDオイルやCBDリキッドは、一般的にはCBD単体の成分を含む合法的な製品が販売されています。

しかし、中には検査をすりぬけて違法に輸入された製品や、CBDが配合されていない製品もあり、注意が必要です。

ここでは、CBDを安心、安全に使用するための、CBD製品の見分け方や注意したいポイントについて紹介します。

成分表で「カンナビジオール」をチェック!

CBDの正式な表記名は「カンナビジオール」です。まずは成分表にカンナビジオールと書かれているか、チェックしましょう。

なお、違法となるTHCは「テトラヒドロカンナビノール(Tetrahydrocannabinol)」が正式な表記名です。

日本で販売されるCBD製品にTHCが含まれることは基本的にはありませんが、個人輸入されたCBD製品にはTHCが含まれる恐れがあります。

また、CBDを謳いながらも、実際にはCBDを含まない製品もあります。特に「ヘンプオイル」や「ヘンプシードオイル」をCBDオイルと偽って販売している製品は少なくありません。ヘンプオイルもヘンプシードオイルもCBDは含まないものが多いので、成分表は必ず確認しましょう。

AmazonではCBD製品が販売されていない

この記事を執筆している時点(2021年9月)では、日本のAmazonではCBD製品の販売は規制されています。

CBDリキッドを充填して吸引するためのヴェポライザーや電子タバコの本体は販売されていますが、CBDリキッドやCBDオイルの販売はなく、CBDと名の付く製品もカンナビジオールを含むものは販売されていません。

つまり、現在Amazonで販売されているCBD製品は偽物の可能性が高い(CBDが含まれていない)と言えるでしょう。

海外のCBD製品は日本では違法になることも

海外ではTHCが合法化されている国もあるので、海外で購入したり、海外から個人輸入したCBD製品にはTHCが含まれている可能性があります。

知らずに持ち込んだり購入したとしても、THCは所持しているだけで大麻取締法違反となるので注意しましょう。

CBD製品を使う際は、日本の信用できるお店や化粧品会社などで販売しているものをおすすめします。

メルカリやヤフオクなどの個人売買では偽物も多い

個人間で売買できるメリカリのようなフリマアプリやヤフオクのようなオークションサイトで、CBD製品を取引することはおすすめしません。

たとえCBD配合を謳っていても、商品を手にするまでは本当にCBD製品かは確認できません。中にはCBDを含まない偽物商品がまぎれている可能性も

また海外から個人輸入したCBD製品にはTHCが含まれている可能性もあるので危険です。

アイソレート、ブロードスペクトラム、フルスペクトラムの誤用に注意

CBDの濃度や成分は?3

CBD製品は、CBD以外のカンナビノイドを含むかどうかによって、「アイソレート」「ブロードスペクトラム」「フルスペクトラム」の3種類に大きく分けることができます。

それぞれの特徴について、以下に解説します。

フルスペクトラムCBD

大麻草から抽出される全ての成分を含むのが、フルスペクトラムCBDです。

そのため、基本的にはTHCも含まれる可能性が高く、日本ではフルスペクトラムCBDは違法になります。

ブロードスペクトラムCBD

大麻草の複数のカンナビノイドを含み、THCを含まないのがブロードスペクトラムCBDです。

麻の特有の香りを放つテルペンのような香り成分も含み、より複合的な作用が期待できるとされています。THCは含まないので、日本でも合法的に使用できます。

アイソレートCBD

アイソレートCBDはCBD単体だけを含む製品です。CBDだけを抽出するので無味無臭で麻の香りはしません。日本で販売されるCBD製品のほとんどがアイソレートCBDだと言われています。

ブロードスペクトラムCBDのような他の化合物の複合的な効果は得られませんが、CBDだけしか含まれていないので安心して使えるのがメリットです。

 

日本で販売されているCBD製品の中にも、違法であるはずのフルスペクトラムCBDを謳っているものがあります。一般的にCBDは他のカンナビノイドと合わせて摂取した方が効果が高まるとされているため、より効果が高いことをアピールする目的でフルスペクトラムCBDを謳っているメーカーがあるようです。

しかし、その多くはブロードスペクトラムCBDで、名称をわざと変えている点で悪質です。万が一、本当にTHCを含んでいればもちろん違法ですので、絶対に使用しないでください。

もしフルスペクトラムCBDの製品を購入する際は成分表をしっかり確認する必要がありますが、誤用と知りながらフルスペクトラムCBDを謳うようなメーカーの商品はおすすめしません。

CBDのおすすめ濃度や濃度による効果の違い

CBDリキッドやCBDオイルの製品には、CBD濃度が書かれていることがあります。濃度が高いほど価格は高くなる傾向があるので、濃度が高い方が良いと思われがちですが、実はそうとも言いきれません。

ここでは、CBD濃度による効果の違いやおすすめの濃度について解説していきます。

濃度が高いほど効果が高い!?

CBDは濃度よりも摂取量(㎎)で考えることが大切です。また、たくさん摂取したからと言って、効果が高くなるわけでもありません

これはアルコールの作用とよく似ています。どんなに濃度が高いものでも摂取量が少なければ酔いを感じにくいいでしょうし、逆に濃度が低いからと言ってたくさん摂取すれば酔っぱらってしまうでしょう。

CBDも同じく、濃度の高さや摂取量で単純に効果の高さをはかることはできません。つまり、自分の身体にあったちょうど良い量を摂ることが重要なのです。

おすすめの濃度、摂取量は?

CBDのおすすめの濃度や摂取量のについては、効果の現れ方に個人差がある上に、体調によっても変わるので、これがベストな濃度と摂取量だとは一概には言えません。

アメリカでCBDを用いる治療家に行った調査では、1日に16~30㎎のCBDの摂取を勧める意見がもっとも多かった一方で、15㎎以下の少量を、逆に120㎎以上の摂取を推奨する者もいて、専門家の間でも見解にバラつきがあるようです。

濃度の高さに値段も比例

CBDはどの製品でも濃度が高ければ高いほど、価格も高くなります。

効果の高さを求めて、高濃度のものを試したくなるかもしれませんが、濃度や摂取量による効果の現れ方には個人差があるので、初めてCBD製品を試す際は、まずは低濃度の製品から試してみることをおすすめします

その際、CBDの濃度と摂取量、その後の体調の変化などを記録して、快適に感じる濃度や量を観察しながら、徐々に濃度を高くしたり摂取量を増やしたりすると良いでしょう。

主なCBD商品の一般的な濃度

CBD製品はそれぞれの製品の特性によって、CBD濃度やCBD含有量が異なります。

ここでは、市販されている代表的なCBD製品の濃度や含有量をまとめて紹介します。

CBDカートリッジ(電子タバコ)

よくある濃度:40%~70%

CBDカートリッジや電子タバコにセットして吸引するCBDアイテムです。

カートリッジにあらかじめCBD配合のリキッドが充填されているので、電子タバコにセットするだけですぐにCBDを簡単に摂れると人気です。

CBDリキッド

よくある濃度:5%~10% ※高濃度50%以上のタイプもあり

CBDリキッドはCBDカートリッジと同じく電子タバコで吸引するためのアイテムです。

カートリッジに自分でCBDリキッドを充填する手間がかかりますが、使用のタイミングや体調を見て、使用するCBDリキッドを使い分けられるのが特徴です。

CBDペン

よくある濃度:5%~15%

CBDペンは電子タバコとCBDカートリッジが一体化しているタイプで、カートリッジ内のCBDリキッドが無くなったら使い捨てるタイプの製品です。CBDカートリッジの交換やCBDリキッドを充填する必要がなく、ペンというだけにスマートなデザインが多いです。取り出してすぐに吸引ができ、1本あたりでおよそ500回の吸引ができます。

CBDオイル(塗布用・経口摂取用)

よくある濃度:3%~30%

CBDオイルはスキンケア用に肌に塗布したり、口から摂り込んだりして使用します。

塗布する場合はマッサージオイルとして、あるいはスキンケアの仕上げの保湿ケア代わりに使用する人が多いようです。CBDオイルが入ったロールオンタイプは、携帯して気分をリフレッシュしたい時にこめかみや首筋、手首などにつけて使用します。

CBDオイルを経口摂取する場合は、そのまま飲み込むほかに、舌の下に含んで粘膜から摂り込む舌下摂取が推奨されています。

CBDバーム

CBD含有量(1パッケージあたり):50㎎~

CBDバームは油脂性の軟膏タイプのアイテムで、肌に使うことを目的に作られた製品です。肌への浸透性が高く、効果を比較的長く感じやすいのが特徴です。水分を含まないので、保存期間が比較的長く、テクスチャーは固めです。

CBDグミ

CBD含有量(1粒あたり):10㎎~30㎎

CBDグミは文字通り、グミにCBDを配合した製品で、アメリカではスーパーでも購入できるほどにポピュラーなアイテムです。

サプリメント代わりにCBDを摂りたい時に気軽に摂取できて、フレーバーつきのグミであればお菓子感覚で食べられます。

(まとめ) CBD製品は成分を確認して、まずは濃度の低いものから試してみて!

CBD製品を試す時は、まずCBD(カンナビジオール)が成分表記されているかをチェックしましょう。くれぐれに偽のCBD製品に騙されないように、気を付けてください!

CBD濃度は低いものから試して、摂取量も徐々に増やしながら、自分に合うCBD濃度や摂取量を調節していってくださいね。