TOPCBDCBDワックスやリキッドの使い方解説!摂取量やおすすめの選び方も
CBDの使い方1

CBDワックスやリキッドの使い方解説!摂取量やおすすめの選び方も

CBD(カンナビジオール)を含む製品はCBDオイルをはじめ、CBDワックスやCBDリキッド、CBDパウダーなどさまざまです。

それぞれの製品に特徴があり、使い方や推奨される摂取量も異なります。

ここでは、CBD製品のおすすめの摂取方法や選び方について紹介します。

CBDとは?効果や違法性などCBDの基本について

CBDとは、大麻草に含まれるカンナビノイドという化合物の一種で、正式には「カンナビジオール」と言います。

大麻というと幻覚作用などを引き起こす危険なものというイメージがあるかもしれませんが、そうした危険な精神作用を起こすのはTHCという物質で、CBDとは異なる物質です。

CBDにはTHCのような精神作用はなく、WHOもCBDの安全性について認めています

日本でもCBD単体を含む製品は違法ではありません。現在、日本の法律では大麻草の使用可能な部位を成熟した茎と種子に限定していて、これらに含まれるCBDは合法的に使用できます。

また、精神作用をもたらすのがTHCであることがわかっているので、今後は部位別の規制を撤廃する方向で検討が進められているところです。

今、日本で販売されているCBD製品には、CBDオイル、CBDグミ、CBDキャンディーなど経口摂取するタイプと、CBDリキッドやCBDペンなどの肺から吸入するタイプ、CBDクリームやCBDバームなどの皮膚から吸収するタイプがあります。

参照:大麻等の薬物対策のあり方検討会とりまとめ |厚生労働省

CBD製品の精製方法によっては規制対象になることもある

CBD製品は精製方法によって、「アイソレート」「ブロードスペクトラム」「フルスペクトラム」の3つに分かれます。

アイソレートとはCBD単体を含む製品のことで、日本ではとくに表示がない限り、CBD製品のほとんどがアイソレートCBDです。

一方、ブロードスペクトラムとフルスペクトラムはCBD以外の化合物も含むのが特徴です。

ブロードスペクトラムはCBDの他にさまざまな化合物を含みますが、THCは含まないので合法とされています。しかし、フルスペクトラムはTHCを含む全ての化合物が含まれることを意味していて、こちらはもちろん違法です。

日本でもフルスペクトラムを謳っている製品がありますが、もし本当であれば違法ですし、使用するのはとても危険です。

大麻草の複合的な作用が期待できるとしてフルスペクトラムCBD製品を謳っている可能性がありますが、紛らわしい表現をしている時点で信用できる製品とは言えないでしょう。

CBDの使い方・摂取方法は製品によって異なる

CBD製品には経口摂取するタイプと、肺から摂取するタイプ、皮膚に塗布するタイプの3種類があります。また、他のアイテムに混ぜて使うアイテムもあり、使い方や摂取量も異なります。

ざまさまなアイテムの中から、代表的なアイテムや使い方について解説していきます。

経口摂取タイプのCBDの使い方・摂取方法

CBDの使い方2

経口摂取とは文字通り口からCBDを摂り込む方法で、CBDオイルやCBDグミなどさまざまなアイテムが充実しています。

サプリメントのように直接口から摂り込むタイプなので、多くの人が摂取方法に慣れていることから試しやすい方法と言えるでしょう。

CBDオイル(経口摂取用)

CBDオイルとは、ココナッツオイルやオリーブオイル、MCTオイルなどのキャリアオイルにCBDを溶かしたオイルです。濃度は低いもので3%~、高いものでは30%以上のものもあります。

CBD製品の中ではもっともポピュラーなアイテムのひとつで、効果が長く持続しやすいことも人気の理由です。

使用方法はCBDオイルを舌の下に含んで粘膜から吸収する舌下摂取が推奨されています。粘膜から吸収することで、肝臓で分解される前に全身にCBDを行き渡らせることができるからです。

もちろんそのまま飲み込んだり、食品に混ぜて摂取することも可能です。その場合は、肝臓で分解されてから全身を巡るので、効果の現れ方が緩やかになる傾向があります。

CBDグミ、キャンディ、タブレットなど

CBDグミやCBDキャンディー、CBDタブレットやCBDガムなどは、手軽に携帯にできて目立たないので、より手軽にCBD摂りたい時に便利なアイテムです。

アメリカではCBDグミはスーパーマーケットでも売られているほどポピュラー。さまざまなフレーバーでお菓子のように食べられるものもあります。

いずれもサプリメントのように食べることができるので、CBDを初めて試す人も抵抗が少ないでしょう。

CBDペースト

CBDペーストは文字通り、CBDをペースト状に加工したアイテムで、摂取方法はCBDオイルと同じく舌下摂取が推奨されています。残ったペーストは飲み込んでOKです。

CBD特有の苦みがある場合があり、ペーストが口内に残ると苦みを感じやすくなるので、必要に応じて水などで飲み込むと良いでしょう。

肺から摂取するCBDの使い方・摂取方法

CBDの使い方3

肺から摂取するタイプには、VAPEのような電子タバコにセットするCBDカートリッジや充填用のCBDリキッド、使い捨てのCBDペンなどがあります。

摂取方法はタバコと同じく吸引して肺から成分を摂り込みます。CBDの吸収率が高く、効果の現れ方が早いので愛好家にも人気の方法です。

CBDカートリッジ(電子タバコ、VAPE)

CBDカートリッジは電子タバコにセットするカートリッジにあらかじめCBDリキッドが充填されているものです。電子タバコ本体にカートリッジをセットしてカートリッジ内のCBDリキッドを熱して、その蒸気や煙を吸い込みます

CBDカートリッジをセットするだけなので、取り扱いが簡単な上に、CBDを摂りたい時にすぐに吸引できるのもメリットです。

カートリッジ内のCBDリキッドが切れたら、新しカードリッジに交換します。電子タバコ本体とセットになっているので、本体に合わせたCBDカートリッジが必要です。

CBDリキッド

CBDリキッドは、電子タバコのカートリッジに注入するためのアイテムです。

CBDカートリッジとの違いは、CBDリキッドがあらかじめ充填されているカートリッジとは異なり、自分でCBDリキッドを注入する点だけで、使い方や吸引方法はCBDカートリッジと同じです。

CBDリキッドを注入する手間はかかりますが、好みのCBDリキッドを試せるうえに、使い捨てではないのでカートリッジを長く使用できます。

CBDペン

CBDペンは電子タバコとカートリッジが一体化したタイプです。CBDカートリッジとは使い捨てという点で共通していますが、CBDペンは使い切ったら本体そのものも使用できなくなります。

取り出したらすぐに使用できる手軽さが魅力で、1本あたり平均500回ほど吸引ができます。

CBDヴェポライザー

CBDヴェポライザーは一般的なVAPEや電子タバコに似ていて、CBDリキッドやCBDワックスを注入して吸引するための製品という点では共通しています。

専用のアトマイザーにCBDリキッドもしくはCBDワックスを入れ、熱して気化したものを吸引します。

皮膚に塗布するCBDの使い方・摂取方法

CBDの使い方4

皮膚に塗布するタイプのCBDアイテムには、CBDオイルやCBDロールオン、CBDクリームやCBDバームなどがあります。顔や身体の気になる部分に直接つけるタイプで、痛みや炎症の改善効果が期待できます。

口や肺から摂り込むタイプとは違い、CBD成分が血液に移行しないので効果が限定的な一方で、眠気などの副作用の心配が少ないのも特徴です。

CBDオイル(塗布用)

CBDオイルの中でもこちらはスキンケア用に開発された、肌に塗布するタイプのオイルです。

経口用のCBDオイルと同じくココナッツオイルやオリーブオイルなどのキャリアオイルと混ぜている製品が多く、ラベンダーやミントなどのアロマオイルを加えて香りのリラックス効果をプラスしている製品もあります。

マッサージで使う場合は筋肉のコリや痛みが気になる部分につけて優しくマッサージします。スキンケアでは保湿オイルとしてスキンケアの仕上げにつける製品が多いようです。

CBDロールオン

CBDロールオンはCBDオイルをスティック状のアトマイザーに入れた製品です。外出先にも持ち運びやすいうえに、ロールオンタイプなので手を汚さずにさっと患部に塗れるので便利です。

気分をリフレッシュしたい時やストレスを感じている時などに、首すじやうなじ、こめかみや手首などにさっとつけるとリラックス効果を感じやすくなります。

CBDクリーム

CBDクリームは文字通りCBDを配合したクリームで、水分を含みオイルよりも軽いテクスチャーで、顔にも使いやすいアイテムです。

CBDオイルやCBDバームよりも柔らかくべたつきが少ないので、一般的な保湿クリームと同じように使用できます。

CBDバーム

CBDバームもCBDオイルやCBDクリームと同じく、スキンケアではお手入れの最後に使う製品です。油脂性で肌への浸透性が高く、水分をあまり含まないのでテクスチャーはCBDクリームよりも重めです。

水分を含まないので、CBDクリームよりも長期間保存できます。

CBD化粧品

CBDを配合した化粧品はまだまだ多くはありませんが、CBD化粧水やCBD美容液などのスキンケアコスメも少しずつ登場しています。使い方は、通常のスキンケアコスメと同じように使用できます。

CBDが注目される中、今後はCBD化粧品がさらに増えていくことが期待されています。

混ぜて使うCBDの使い方・摂取方法

CBDをパウダーやワックスにして、他のアイテムに混ぜることを前提に作られているCBD製品もあります。経口摂取や吸引、皮膚に塗布するアイテムに混ぜて濃度を調節する時に便利です。

CBD成分そのものなのでCBD純度が高いのが特徴です。

CBDワックス(CBDシャッター)

CBDワックスは麻の成分を抽出してつくられる固形もしくは粘り気のある液状のアイテムです。CBDシャッターやCBDクランブルとも呼ばれます。

麻に含まれるCBD以外のカンナビノイドも含み、麻特有の香り成分であるテルペンも含むため、より麻をナチュラルに楽しみたい人に人気です。

CBD濃度が60~99%と非常に高く、専用のヴェポライザーで吸引して摂取するほか、CBDオイルに混ぜて経口摂取したり、CBDバームに混ぜて皮膚につけたりして使用することも可能です。

CBDパウダー(粉末)、CBD結晶(クリスタル)

CBDパウダーやCBD結晶は、CBDのみを抽出して結晶化させたもので、CBD純度は100%です。CBDワックスのように麻の他の化合物を含まない、完全なるアイソレートCBDと言えるでしょう。

無味無臭なので他のアイテムに混ぜても香りや味を損ないません。電子タバコのカートリッジにセットするリキッドに混ぜる製品や、飲み物や食品に混ぜて摂取する製品などがあります。

CBDのおすすめ摂取量、目安摂取量は?

CBDのおすすめの摂取量については、必ずしも決まった量があるわけではありません。アルコールと同じように効果の現れ方には、個人差があるからです。

また期待する効果によっても、推奨されるCBDの量は異なるので、一概に多くとれば効果があがるわけでもないのです。

アメリカでCBDを使用している治療家に行った調査では、1日のCBD摂取量について16~30㎎を推奨する回答が多かったものの、15㎎以下との回答や120㎎以上という回答もあり、意見は分かれています。

初めてCBDを試す時は効果の現れ方を観察するために、少量からはじめるのが基本です。摂取量や効果を実感するまでにかかった時間、効果の感じ方などを記録することを勧める医師もいます。

CBDを安全に効果的に使用するためにも、自分の体と相談しながら適量を見極めることが大切です。

CBDの使い方はさまざま!自分に合った摂取方法を選んでみて

CBDは摂取方法も製品もさまざま。使い方も効果の現れ方も、それれぞれのアイテムによって異なります。

最初のうちはあまりこだわらずに、気になるCBDアイテムから使い始めてもOKです。

少量からはじめて、使いやすさや効果が実感できるかどうかを確かめながら、自分に合う製品を探しくことをおすすめします。